忍者ブログ
愛車『LeMond/Alpe d'Huez』での走行記録ブログ。
[37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先にモブログで上げたように、9/12〜13の日程で
軽井沢〜草津〜渋峠サイクリングに行ってきました。
その様子を写真とともに記します。


9/12(金)

4時過ぎに起床。
準備は前日までに済ませておいたので慌てることもなく。
軽く朝食を取って5時前に出発。

東京駅までは乗り換えが面倒かな、と自走。
輪行袋にパッケージするのも慣れてきたかな。
乗車する長野新幹線「あさま」は東京始発なので座席の心配もない。
車両最後部、シートと壁の隙間に輪行袋入りの自転車を置いてひと安心。


東京駅にて「あさま」に乗車

カツサンドを食べながら(また食べてる)軽井沢まで1時間ちょい。
新幹線に乗ると軽井沢ってこんなに近いのか。


軽井沢駅

下車してみると空気の感じが東京のそれとは違うことをまさに肌で感じる。
単純に言うなら肌寒い(時間にして8時前)。
晴天、登坂を考慮し、半袖ジャージ&レーパン+レッグウォーマーでスタート。

早速コンビニで補給。
するとレジのおばちゃんが話し掛けてきた。
草津へ向かう旨伝えると、それならば、とオススメルートを教えてくれた。
ん?その道は自転車が通れないような気がして外したんだけど・・・。
有料道路だからお金は掛かるかもしれないけど自転車も通れるよ、
白糸の滝に寄り道でもしてみたらいいんじゃないかしら、と。
これも旅ならではの楽しみかな、と騙されたつもりでルート変更。


駅前を北に向かい、旧軽井沢の別荘地を抜ける道

これは確かに気持ちがいい道だ。
このまま峠の茶屋まで抜けられたら当初のルートよりいいかも。


と思った矢先の出来事がこれ

やっぱり自転車は通行不可。
それみたことかと思うも、おばちゃん憎しとの思いには至らず。
気持ちのよい道だったし、何より大した登りでもなかったから。

あらためて予定のルートへ復帰。
中軽井沢駅前からR146をひたすらに走る。


序盤はこんな雰囲気

ひたすらに走るその道はひたすらに登り。
所々、勾配がきつく感じられる箇所もあった。


万山望から浅間山

浅間山を見たのはもしかしたら初めてのことかもしれない。
容姿のいい山だと思った。
登りで消耗しながらも、浅間山が見えて力が湧くような瞬間もあった。

万山望からさらに登り、名も無きピークを経て少し下ると峰の茶屋。
ここは有料道路と国道との分岐路となっている。
さらにR146を進んで行く。


峰の茶屋





ほんのちょっとだけ立ち寄った浅間牧場のお馬ちゃんとAlpe D'Huez

途中、R146から県道214に進路を取る。
事前の調べで、R146〜R292と国道で草津を目指すより、
万座・鹿沢口経由で県道を繋ぐ方が走りやすそうに思えたので。
(もちろん自転車で走るなら、という意味)

県道214は車の量も少なく、のんびりと走れる道だったので、
国道を逸れるコース取りは正解だったように思える。
(後に、このことを裏付ける話を聞くこととなる)

万座・鹿沢口近くの三原屋食堂で昼食。
ここから草津まではまたしても苦手な登り。
その前にしっかり食べておかないと。

 
がっつりカツライス。相当分厚くて食べごたえあり



レッグウォーマーを外して登り始めた。
道は車も少なく、まずまず走りやすい。


山の駅・笹見平。

山の駅なんて他にもあるのかな。
レストハウスがあったが、お腹と相談して何も食べずにスルー。



相も変わらず登りは続く。
時に立ち止まり、時に押し歩き、のんびり休憩を挟みながら行く。
(と書いていながらすでに記憶が薄れているような・・・)

この日のいつからか、草津で一泊する頭になっていた。
当初は元気があれば渋峠も一日で越えよう、なんて思っていたが、
それは身の程をわきまえていないというものだろう、と痛感。

ひたすらのんびりでいい。
そんな気楽なサイクリング。


キャベツ畑と浅間山

勾配が緩くなったところで振り返るとこの景色。
登りがしんどくたって、遅くたって、サイクリングは楽しい。

その後、県道からR292に合流。
ここからがこの日最後のヤマ。
短い区間ではあったが、想像以上に勾配がきつかった。
その上、車両の通行量も結構多い。
工事中で片側交互通行の箇所があり、
迫り来る車のプレッシャーを感じながら疲れた身体に鞭打ってダッシュ。
もうヘロヘロだよ。


ピークを越えた道の駅にてモカソフト

そんなこんなで無事、草津温泉に到着。
さて、今度は宿の心配をする番。

温泉街の中心部、旅館案内所にて話を聞き、
宿の埋まり具合や値段の相場を教えてもらった。
結局、案内所の隣にあった民宿にお世話になることに。
自転車は玄関の中に入れさせてもらい、何の心配も要らない。

時間にしてまだ15時前なのに走るのをやめるなんて勿体ないかな、
とも思ったが、たまにはこんな旅もいいかな、と。
さっそくひと風呂浴びて(当然温泉が引いてある)、気持ちよくうたた寝。

夕方になって温泉街を散策。
草津の町は急な坂が多く、自転車でうろつくのはあまり得策ではないと判断。


湯畑。右に見える三角屋根は無料の手湯・足湯

民宿の下が蕎麦屋なので、そこで夕食を取った。
他所で食べて帰るのも何だか気がひけたから(義理と人情は大切に)。


天ざる(と写ってないけど生ビール)

ご主人はその昔、競輪の選手を目指そうと思った頃があったらしい。
ペダルを折ってしまうほどに脚の踏み込みが強かったとか。

食事の後、明日の補給食を買い出しに行き、
翌朝は早く宿を出る旨をご主人に伝えて部屋へ。
持ってきた文庫本を読みふける。

読みふけった結果、思わず一冊読了。
時計を見ると2時を回っていた。
車が少なくて走りやすいだろうから早朝出発を予定していたのに・・・。

起きられなかったらそれはそれ、と気楽にかまえ、
5時にアラームを掛けて就寝。

1日目のデータ
走行時間4:35'14
走行距離74.81km
平均時速16.3km/h
積算距離1578.2km

ルート情報:軽井沢〜草津

2日目に続く
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
まさかこっちにモブログで投稿してたとは!
やれれた~~ってカンジ(笑)

上りはしんどそうだけど、景色とかキレイで気持ちがなごみますね。
でも一番よかった写真は。。。モカソフト(笑)
mayu URL 2008/09/14(Sun)13:00:39 edit
Re:無題
こっそりあげてました。
こんな時くらいモブログしてみようかな、と。

坂はとても苦手なんですが、
景色の良さで頑張れましたね。LOVE浅間山!です。
車が少ない道を選べたのも良かったです。

モカソフトは女性読者へのサービスです(笑)
草津温泉までもうすぐとわかっていましたが
自分を甘やかしてみました。
【2008/09/14 16:02】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/01 マクサンス]
[08/30 hiroto]
[07/23 こたろう]
[07/22 らっきー]
[07/20 Karasawa]
プロフィール
HN:
eveningwaves/ゆうなみ
性別:
男性
自己紹介:
こんにちは、ゆうなみです。

長めなライドは月イチ程度。
更新もそんな感じです。

まったく乗れない今日この頃です。

遠くまで行くのが好きです。
ソロもグループランも好きです。
登りにめっぽうめちゃ弱いです。
平地はのんびり走ってます。

2011、行ってみたい所
・大弛峠
・奥武蔵グリーンライン
・伊豆大島

美味いものサイクリング、
温泉サイクリングに興味アリ。
お帰りは電車で(笑)

よろしくお願いします。
mail to ゆうなみ
サイクリングのお誘い、 ブログへのご意見ご要望はコチラまで
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.