忍者ブログ
愛車『LeMond/Alpe d'Huez』での走行記録ブログ。
[46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

つづきです。
前回分を先にお読み下さいませm(__)m
--
高尾から陣馬街道へのアプローチでちょっとした坂を登ったんですが、
早くも脚がヤバいです。
ヤバいって、若者言葉的ではない「ヤバい」です。
太腿の前側が相当つらいことになってます。
軽いギアに入れてシッティングで淡々と登ります。

川原宿の交差点を左折し陣馬街道に入ると
車も少なく、雰囲気の良い道になりました。
つらい勾配も無く、順調に進んで行くとネットでよく見たバス停に到着。



ここでコーラを1本飲んで、いよいよ本格的な登りです。
どんな坂かわからないので無理せず登って行きましょう。
しかし、やっぱり太腿が張ってクランクを回すのがつらい。

・・・というわけで乗ったまま登ることは早々にあきらめ、
随分早い段階で押し歩き始めました、とほほ。

途中で再び乗って走り出しますが、立ち漕ぎをすると前太腿がつる寸前。
先(ウチまで走らねば)もあるので無理しないことに。

その後、歩いたり、歩いたり、乗ったりしつつ・・・

遠くの街が見える辺りを過ぎ、まだか?と思いコーナーを曲がると
目線の先に茶屋が見えました。やっとのことで登頂です。
登りはしたものの、ほとんど歩いてたようなイメージです。
リベンジしに来てもいいのですが、登れるんですかね、私。

茶屋では2人組の女性サイクリストさんが休んでいらっしゃいました。

茶屋のベンチに立てかけられた車体を見て息を飲みました。


もしかして・・・


この方は・・・


あのブログの方ではなかろうか??


1.私が愛読しているブログを書いていらっしゃる方と同じ自転車
2.書いていらっしゃる方は女性
3.エリア的に和田峠にやって来る可能性は充分にある
4.というより、雰囲気、オーラに揺るぎない何かを感じる


以上4点より、確信めいた思いを持った私でしたが、
何せ初めて会う方ですし、間違いがあっては失礼ですし、
ご歓談の邪魔をしてはいけないし・・・
後日、記事がUPされた時にコメントで聞いてみよう。

という気持ちになりました。

石碑の前で自転車の記念撮影をしようとしたところで、
2人組の女性のお一方が「お撮りしましょうか」とお声を掛けて下さいました。
走って行った先で自転車の写真は撮るものの、
なかなか自分を撮影することはない私はうれしくなり、お願いしました。

そして、そのやりとりの最中、
見たことのある車体の持ち主の方に思い切って尋ねてみたのでした。
「もしかしてうり坊さんですか」と。

すると、驚いたことに、その方はやはりうり坊さんでした!
つい先日、ブログに初コメントを残したばかりでしたので、
うり坊さんも私のことを覚えていて下さいました。
もうお一方も私のブログをお読みいただいたと聞きうれしかったです。

こんなことってあるんですね。
和田峠なんて生まれて初めて来たのに、そんな場所でばったり会うなんて。
時間帯だってずれてたらお会いすることもなかったでしょうし。
本当に不思議な縁を感じました。

わずかな時間でしたがお話ができ、記念撮影もできて感激でした。
またの機会にどこかへご一緒できたらうれしいです。
お二方とも私より走れそうな雰囲気でしたのでおてやわらかに。。。


来ましたよ、的なイメージで

お二方は藤野方面へ下るとのことでした。
私もより景色、道が良いとされる藤野側へ下りたかったのですが、
楽に帰るには来た道を戻るべきかな、と考えていました。


話は変わりますが、和田峠に来たら陣馬山頂にも行ってみたいと思ってました。
歩いて20分くらいと茶屋おばさんが教えてくれました。
「この脚で20分登るのはどうだろうか」
「無理せずまたの機会にしよう・・・」
と思ったその時、上から下りて来た方々と茶屋おばさんの会話が耳に入りました。
「いい眺めだったでしょう~」「そうですね~」

これで心が決まりました。
自転車に鍵を掛け、山頂へと歩き始めました。
おばさん曰く20分とのことでしたが、15分程度で山頂に到着。
天気が良くてとても気持ちのよい場所でした。


陣馬山頂


謎の馬オブジェ


相模湖方面?


遠くに街が見えます

もうしばらくすると紅葉がきれいだそうです。
空気の関係か、午前中の方が綺麗に景色が見えるとか。
ピンと張った空気の中、ここから富士山が見えたら素敵でしょうね~。

先のこともあるのでサクッと来た道を戻ります。
SPDシューズなので所々、要注意で下りました。

登山を終えてテンションも上がり、
下りて来る頃には行けるとこまで行こう、という気持ちになりました。
そうです、藤野側へ下ることにしたのです。


峠からちょっと下った眺望ポイントからも富士山は見えず

「裏和田」と称される神奈川側の道はこれまた気持ちのよい道でした。
こちらからもいつか登ることがあるかもしれませんね。

快調に下って藤野へ。
R20に出たら道に迷う心配も無いのでひと安心。
ですが、大型車の通行にストレスを感じ、それはそれでしんどいな、と。

この先は町田街道経由、尾根幹線道路で帰るか、
大垂水峠を越えて帰るかで迷ってました。
峠と名のつく所は走りたくない、と思って尾根幹で帰ろうとしたはず、
なのに。
大垂水をこちら側から登ったらどんな感じなんだろうか、との興味が湧き。
止せばいいのにR20大垂水峠を選択したのでした。

これがもう、つらくてつらくて・・・。
和田峠、陣馬山登山で疲れた脚には厳しい登りでした。
ヨロヨロ、ヨレヨレで登って行きます。
その脇をかすめる大型車・・・。
激しく後悔しましたが、時既に遅し!
何とか登り切って高尾へ下る頃にはそんなことも忘れたかのようでしたが^^;

さすがにお腹が空いたのでどこかで何か食べましょう、
と思った所に横濱家(ラーメン屋さん)があったので迷わずIN。


ラーメン(麺かため・味濃いめ)に半チャーハン

その後はR20→多摩サイとつなぐことにしました。
幹線道路使った方が早く帰れそうだと思ったんですね。
日没が近づいてましたし。

というわけで、色気無くR20から多摩サイへ。
勝手知ったる道は落ち着きますね。
多摩サイ入ればもう帰って来たも同然です。

他の人たちに気を付けつつ、
暮れ行く多摩川CRをのんびりと帰宅したのでした。

今日のデータ
走行時間6:23'30
走行距離119.59km
平均時速18.7km/h
積算距離1764.6km

思い掛けない和田峠サイクリングは身体的に相当しんどいものとなりましたが、
そこで思い掛けない出会いがあり、とてもうれしい日となりました^^
こういうことってまれにあるから不思議です。

それにしても、登れない日でした。
平地で基礎体力を付けるところから始めた方がいいかも??
コンパクトクランクの話はまたの機会に書いてみようと思います。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんにちは
あの時のもう一人のほうです。
普段は川沿い専門のくせに、和田峠に行ってみたいという私の希望をかなえて、彼女は連れてきてくれたのでした。
彼女とはある方の紹介で知り合ったのですが、実際お会いしてみると、あのブログそのままの、素敵な人ですね。
彼女の状況が許される時がくれば、ぜひサイクリング会したら、楽しいでしょうね。ファンの一人として、ひそかにそれを楽しみにしているところです。
ゆうなみさんのあのニットのジャージが、すごく素敵でした。
もしあの峠の休憩中お見かけしただけなら、ああ、あのニットの人が、素敵だった、という思い出になったことと思います。
またどこかでお会いできるのをたのしみにしています。
あの時の、もう一人の方 2008/10/18(Sat)06:31:21 edit
Re:無題
こんにちは。
本文中の表記が代名詞的になってしまい、申し訳ありません。きちんとご挨拶してお名前を頂戴しておけば良かったな、と後悔しながら記事を書いてました
m(__)m

和田峠は東京西部・多摩エリアにアクセスできるサイクリストであれば行ってみたいと思う峠のひとつですよね。平坦、のんびりがもっぱらで、峠に喜んで行くようなタイプではないのですが、僕も和田峠には行ってみたいと思ってました。
峠に到達できたことも良かったのですが、それよりもお二方にお会いできたことがうれしい想い出となっています。和田峠を走る時、思い出す時にはきっとこの日のこと、すなわちお二方のことを思い出さずにはいられないことと思います^^茶屋のベンチでお話しされているお二人の雰囲気はとてもいいオーラを放っていましたよ。あのままお話しする事が無かったらどんなに悔やんだことかと・・・。お声を掛けていただき、本当にありがとうございました。
ニットのジャージ、いい感じでしたか?夏前にオークションでお値打ちに落札したもので、着る機会が無いまま秋を迎えてサイクリングデビュー、という代物でした。

>彼女の状況が許される時がくれば、ぜひサイクリング会したら、楽しいでしょうね。ファンの一人として、ひそかにそれを楽しみにしているところです。

そうですね。僕もファンの一人としていつかそんな日が来ることを楽しみにしています。めったに行かない和田峠で会えたんですから、きっとまたどこかでお会いできることもあると思います。次の機会にはあらためてご挨拶させていただきますね。コメントいただきありがとうございました。これからもよろしくお願いします!
【2008/10/18 14:12】
サプライズな出会いでございました~
ゆうなみさま
木曜日は、本当に、びっくりな出会い方をしてしまいまして、お互いにビッグ・サプライズなことでございましたね。
こんな偶然というのも、あるものなのですね~。
わたくしといたしましては、自分が想像していたのよりも、ゆうなみさまがずっとお若い方だったので、その点もびっくりでした。
初めてこのブログの文章を拝読させていただいたときから、柔和で優れたお人柄の方でいらっしゃるなぁ~と関心しておりましたので、勝手に、もう少しご年長の方かと思い込んでいたのでした。
実は、あの日は、先にコメントをされていらっしゃる、あの時のもう一人の女性の方と、はじめて自転車で一緒に走った記念の日だったのです。
あの方と一緒にどこかへ走りに行くというのは、わたくしのひそやかな夢でしたので、先日の木曜日は、その夢が実現したとてもうれしい日だったのです。
そんな日に、ゆうなみさまにも偶然に出逢うことができて、ほんとうに、なにやら不思議なほどハッピーな1日でございました。
いつか、日時の都合をつけて、みんなでサイクリングできたらとっても素敵ですね~。
わたくしも、彼女と同じく、またどこかでお目にかかれる日を楽しみにしております~。
ありがとうございました。
うり坊 2008/10/18(Sat)11:54:39 edit
Re:サプライズな出会いでございました~
うり坊さま。
木曜日はお話できてうれしかったと共に、とても驚きました。その驚きは数種類のものがミックスされたものだったように思います。「何故、こんな所で?!」という驚き、「あのうり坊さん?!」という驚き、そしてもうひとつ・・・。あの日、浅川CRを走ったのは少なからずうり坊さんの影響もありました(うり坊さんのブログを読み、走ってみたいとあらためて思ったからです)。そうして浅川CRを走りながら「偶然うり坊さんとすれ違いでもしたらいいのになぁ」と思っていた所「まさか?!」の遭遇だったので、本当にビッグ・サプライズでした。朝出遅れたことも、コース選択も、ペースも何もかも、ひとつだって欠けたらあぁはなってなかったわけで、偶然が素敵な出会いをくれたことに感謝している次第です。ぜーぜー言いながら登ったご褒美?と言っては失礼かもしれませんが、お二方にお会いできて本当にうれしかったです。
ちょっと大袈裟になりますが・・・自転車を好きでいれば、そして自転車に乗ってさえいれば、自転車を通じて知り合ったり、出会った人には、いつか(また)ご一緒する機会がやってくると思い込んでいるところが僕にはあります。なので、きっとうり坊さんにもまたお会いできるような気がしています。うり坊さんと一緒に走れる日を楽しみにされているお仲間の皆様もたくさんいらっしゃるようなので、何かの機会には是非、僕もご一緒させて下さいね。これからもよろしくお願いします。

追伸1.僕のことを「お若い」と書いていらっしゃいますが、お二方ともそんなに年が違うようには思えませんでしたよ^^
追伸2.コメント下さったので問題ないと判断させていただき、本文中の表記をあらためました
m(__)m
【2008/10/18 14:19】
無題
で、和田峠のタイムは?(笑)

山頂、いい景色ですねぇ。
また観に行かねば!
hiroto URL 2008/10/19(Sun)23:32:02 edit
Re:無題
>で、和田峠のタイムは?(笑)

気にしてませんでしたし、腕時計見た記憶も不確かですが、きっと45分くらいはかかってたはずです。これじゃほぼ登山と変わらない??(笑)

>また観に行かねば!

もう少しすると紅葉がいい感じらしいですよ。山頂ハイキング付きで裏から登るのは秋らしくていいかもしれませんね!
【2008/10/19 23:53】
いいですな〜。
出会いも、陣馬山頂も、いいですな〜。

陣馬山は、あの茶屋から、たったの15分歩けば良いのですね?今度、ペダルをSPDに換えて行ってみようかと思います。

基礎体力はですね。
峠で付ければ良いじゃないですか!
Jamis Gang 2008/10/20(Mon)23:23:05 edit
Re:いいですな〜。
「え?ここで??」って感じの出会いでした。とてもうれしい出来事でしたよ。こういうことをきっかけに輪を広げていきたいものです。
山頂は15分くらいで着いたと思います。和田峠を登り終えた僕の脚で、ですから、bugaluさんならもっとサクッと登れるかもしれませんね。ただし、シューズはそれなりのものでないとつらいです、きっと。ぬかるみ気味の場所があったりしますからね。僕はSPDシューズで登りましたが、気を付けていれば大丈夫かなと思います。

>基礎体力はですね。
>峠で付ければ良いじゃないですか!

その手がありましたか!って、最近はアプローチを自走するのが面倒になりつつあります。かと言って、ウチから5分で峠!って環境だとしても毎日は登らないんでしょうけど(笑)短い距離、時間でもいいから乗る頻度を増やすことから始めないとあきまへんな〜、と思ってます。でも、きのこツアーにはマスコットキャラとして参加しますのでよろしくお願いします!
【2008/10/21 09:52】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/01 マクサンス]
[08/30 hiroto]
[07/23 こたろう]
[07/22 らっきー]
[07/20 Karasawa]
プロフィール
HN:
eveningwaves/ゆうなみ
性別:
男性
自己紹介:
こんにちは、ゆうなみです。

長めなライドは月イチ程度。
更新もそんな感じです。

まったく乗れない今日この頃です。

遠くまで行くのが好きです。
ソロもグループランも好きです。
登りにめっぽうめちゃ弱いです。
平地はのんびり走ってます。

2011、行ってみたい所
・大弛峠
・奥武蔵グリーンライン
・伊豆大島

美味いものサイクリング、
温泉サイクリングに興味アリ。
お帰りは電車で(笑)

よろしくお願いします。
mail to ゆうなみ
サイクリングのお誘い、 ブログへのご意見ご要望はコチラまで
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.