忍者ブログ
愛車『LeMond/Alpe d'Huez』での走行記録ブログ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11/1(土)
自然と目が覚めたら6時過ぎ。
何となく気が向いたので気温を確かめるかのごとく外へ少しだけ。


多摩サイに入ってみると草が刈られてすっきり

少しだけのつもりで是政橋まで走ってUターン。
向かい風が強くなかったらもう少し走ったかも。
帰りは追い風で 誰もいない 所では 快適なスピード を 維持ライダー。

走ってみた結果、自分としては
「もう半袖では厳しい=ジャケット、ウォーマー類が欠かせない」と認識。
来週以降、早朝走り出すことがあれば、それなりにちゃんとして出よう。


最近はこのヘルメット。力が入ってない感じが◎

今日のデータ
走行時間1:23'42
走行距離28.66km
平均時速20.5km/h
積算距離1900.3km

にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングに参加してます。
PR
10/28(火曜日)
遅めの朝から昼過ぎまで少しだけ走ってきました。

ひとりでは遠くへ行く気になれない今日この頃。
緩く走りたいし、車道で変に疲れたくないし・・・
そんな時こそBack to my basic!
「そんな時こそ多摩サイがあるじゃないかー」
というわけで少しだけ多摩サイを走ってきました。

半袖ジャージ+ウィンドブレーカ&Rin Projectのサイクルパンツで発車。
少し肌寒いかと思ったのですが、走り始めたらとってもいい陽気。
あっという間にウィンドブレーカはジャージのポケットに収納されたのでした。

駒大裏から多摩サイ左岸に入って上流方面へ。
(砂利道は猪駒通りや堤防下の道路を使って回避しています)
羽村くらいまで走ろうかなと思ってたのですが、
途中で満足してしまい、国立折り返しにてUターン。


セブンイレブンにてゼリーとコーラ補給しつつ府中四谷橋を
(あぁ、今日も空きっ腹スタートでした)

そのまま引き返しても良かったんですが、
「関戸橋って渡ったことないなぁ」とふと思い、渡ってみることに。


関戸橋の上から上流方面。山には雲がかかって秋っぽくないような雰囲気

関戸橋から川面を眺めていると近くに2人組のおじさんたちがいて、
「ありゃ鮎だ、鮎だぞ」「ほら、白い腹見せたぞ〜」と騒いでます。
鮎なんているのか?といぶかしげに思っていると外国人サイクリストも見物に参加。
目が合ったのでシャカサインで挨拶してみたら
素晴らしいスマイルで「アユ!!」と返してくれました(笑)
鮎、いるのかな〜。

関戸橋を渡ってからは連光寺の坂を登って矢野口→多摩サイで帰宅。
連光寺の坂、聖蹟桜ヶ丘側から登ったのは初めてのこと。
距離が短いせいかこちらの方が楽に思えました。
いや、比較的という意味で、私には充分、しんどかったですよ^^;
苦手な坂の練習するならこの辺からが相応しいかもしれませんね。
何となく、海気分。
近場で、と思い城南島海浜公園へ行くことにしました。


下流へ向かう時はこんな所から多摩サイへ入ることもしばしば。
(しかし、入ってみたら道を工事していたので違う道を使いました)

・・・中略(笑)


城南島海浜公園に着きました。羽田空港側です。


お台場方面。レインボーブリッジや東京タワーが見えます。


人口の砂浜もあります。
飛行機の離着陸が頻繁に見られるので
こんな風に自転車と飛行機を一緒のフレームにおさめるのも簡単です。
ひょんなことからLemondに興味を持ち、
偶然と勢いでLemondを愛車にすることができ、
乗り始めたことでLemondというブランドに愛着を持っている・・・
そんな私のような者が書くのもおこがましいのですが、
Lemondの自転車は2008年モデルで終了だそうです。



どんなことがあって今期終了ということになったのかは
私がここに書くことでもないし、書けるほどの正しい知識もありません。
ただ、終了というのはまぎれもない事実のようです。
(TREKコンセプトストアのスタッフさん曰く)

私なんかはスポーツ自転車に興味を持ち始めてまだ2年ほどでして、
つまりはGreg Lemondの活躍や功績をリアルタイムで知ったわけではなく。
後付けの知識でさえ大したものではありません。
それでも、愛車のブランドがなくなるのはさみしいものです。
大切に乗っていく理由がひとつ増えた、と考えることにしましょうか、ね。
つづきです。
前回分を先にお読み下さいませm(__)m
--
高尾から陣馬街道へのアプローチでちょっとした坂を登ったんですが、
早くも脚がヤバいです。
ヤバいって、若者言葉的ではない「ヤバい」です。
太腿の前側が相当つらいことになってます。
軽いギアに入れてシッティングで淡々と登ります。

川原宿の交差点を左折し陣馬街道に入ると
車も少なく、雰囲気の良い道になりました。
つらい勾配も無く、順調に進んで行くとネットでよく見たバス停に到着。



ここでコーラを1本飲んで、いよいよ本格的な登りです。
どんな坂かわからないので無理せず登って行きましょう。
しかし、やっぱり太腿が張ってクランクを回すのがつらい。

・・・というわけで乗ったまま登ることは早々にあきらめ、
随分早い段階で押し歩き始めました、とほほ。

途中で再び乗って走り出しますが、立ち漕ぎをすると前太腿がつる寸前。
先(ウチまで走らねば)もあるので無理しないことに。

その後、歩いたり、歩いたり、乗ったりしつつ・・・

遠くの街が見える辺りを過ぎ、まだか?と思いコーナーを曲がると
目線の先に茶屋が見えました。やっとのことで登頂です。
登りはしたものの、ほとんど歩いてたようなイメージです。
リベンジしに来てもいいのですが、登れるんですかね、私。

茶屋では2人組の女性サイクリストさんが休んでいらっしゃいました。
2008/10/16の話。

自転車に乗れることになった木曜日。
天気のよい平日、どこかへ行かなきゃもったいない。
でも、どこへ行こうかな。

思えば渋峠サイクリング以来、ほぼ1ヵ月振りのロードバイク。
コンパクトクランクに換装したとはいえ、あまりキツい峠な気分ではない。
車がびゅんびゅんな所を走る気分でもない。
平地ということで考えるとやっぱり川沿い、サイクリングロードかな。
でも、知ってる所(多摩サイ)だけでは面白味に欠けるような。

そんなこんなで思いついたのが、
「多摩川CR〜浅川CR(初)〜高尾、で、多摩御陵か大垂水峠に行って来よう」
というプランでした。

前日から乗れるとわかっていたのに出発は9時半。
もう少し早めに出られたら良かったな、と悔やみつつの出発でした。
多摩サイに出ると富士山が見えて、秋が深まっていることを実感。

今日は「あまり休まない」を裏テーマとしてました。
深い理由はありませんが、どんな感じになるか試してみたくて。
朝は胃もたれ気味(昨日食べ過ぎ)で水分を口にしただけ。
スポーツドリンク入りのボトルが1本、その他補給食は所持せずスタート。
大丈夫かな。

順調に多摩サイを遡上し、府中四谷橋に到達。
この橋を渡ってどうにかすると浅川CRに入れるはず。
若干の不安はありましたが、行ってみたらすんなり、でした。


初めての浅川CR記念写真

浅川CR、いいですね〜。
山、川を見ながら気持ち良く走れました。
所々、どちらの堤防を走るのが正解なのかわからなかったり、
クランクが難しかったり、といったことはありましたが、
のんびり走るにはいい道だと思いました。
もっと写真を撮りたかったのですが「休まないルール」のため
割と素っ気なく通過してしまったことが悔やまれます。
まぁ、また走りに行けばいいですよね^^

こちらも順調に進んで行くと高尾駅が近いとの案内が見えました。
CRを離れてみるとそこはR20と町田街道の交差点。

さて、どうしたものでしょうか。

1.久しぶりで何だか疲れてるみたいだから浅川CR走ってまったり帰ろうか
2.そのまま帰るのも何だし、町田街道〜尾根幹で帰ろうか
3.コンパクトクランク試しがてら大垂水峠くらい行ってみようか
4.その他

これらの選択肢が頭に浮かび、交差点にて携帯で地図を見ながら考え・・・
選んだのは「4.その他」。
行ったことない道を走りたい気分。
ただそれだけの理由で選択したのは和田峠でした。
厳しい坂という予備知識はありますが、せっかくなので行ってみましょう。

というわけで、私はまるで誰かに引き寄せられるかのごとく、
その時まで思いもしなかった和田峠へと向かうのでした。
全然行くつもりなんて無かったんですけどね。

つづく予定
まだまだ長くなりそうな予感ます。

にほんブログ村 自転車ブログへ

ブログランキングに参加してます。
久しぶりに少しだけ多摩川CRを走りました。
ロードバイクではなく電動自転車でしたけど、ね^^;

駒沢大学裏辺りから不人気区間を上流方面へ。
電動自転車なので狛江ダートも何のその。
いつもの迂回路をまったく使わず堤防の上をひたすらに。

世田谷通りを渡り、さらに上流へ。
充電が気になったところでUターン。
そこは多摩川原橋でした。



来た通りに堤防を走って戻り、ふと気になる店のことを思い出しました。
それは狛江のカレー屋さん「Ram」です。
(どなたかのブログで知って気になったお店です)

所在地確認をしようと商店街に入り込むや、難なく発見。
平日のランチ目当てに近々食べに行ってみようと思います。
(その時も電動自転車かも?)

ウチに帰ろうと思ったところへ3人組のサイクリストさんたち。
速度がいい感じだったので後ろに付かせていただきました。
電動自転車に挨拶されても気味が悪かろうと黙って付きました。
風避けとかドラフティングという類の速度域ではなかったので
マナー違反ではないかな、と思っていますが・・・
やはり「後ろ付かせていただきます」と言った方が良かったのでしょうか。
いやいや、それも気持ち悪いですよね、きっと・・・。

しかしながら、休日に1人、電動自転車でふらついていながら、
最後にちょっとしたグループラン気分で勝手に楽しくなってしまいました。

・・・やっぱり気味が悪いかもしれませんね(苦笑)

>今日の御三方
どこかでお会いすることがあればその時は私が前を引きますので
どうかご勘弁をm(__)m


さておき、せっかくコンパクトクランクにしたのにまったく乗れてません。
今月中には一度くらいそれらしいところに行きたいと思っています。
どこかはまだわかりません!

にほんブログ村 自転車ブログへ

ブログランキングに参加してます。
今日のテーマは「ハンドル周りのあれこれ」です。


(あ、バーテープの巻きが甘くなってるんだった)

ハンドルバーに装着されているのは「バズキル」です。
http://www.trekbikes.co.jp/accessories/spec.cgi?id=261714&m_id=261714
LeMondを買ったら別の袋に入って付いてきました。
その効果の有無を体感したかったので、しばらくは装着せずにいました。
で、ある日、付けてみたところ、何となく効果があるような気がしまして、
それ以来、そのまま付けてます。


右のハンドルにはミラーが付いてます。
後続の同走者や接近する車両の様子をチラ見(笑)するのに便利です。
とはいえ、目視して確認することが多いので、
超便利と言うよりはあると便利、というくらいです。
個人的には好きなアクセサリです^^;


こないだまでトップチューブ上に付いてたTOPEAKのトライバッグ。
http://www.topeak.jp/bag/bag172.html
主に携帯電話、デジカメ、財布を入れて走ってました。
貴重品を目視できる場所に収納でき、取り出しもしやすく便利!
・・・なのですが、ペダリング時の膝への干渉が気になりまして。
試しに取っ払ってみたところ、ペダリングしやすくなりました。
何にでも言えることですが、快適さと実用性の両立は難しいですね。




「フロントバッグを付けるほどでもないけど何かしら収納スペースが欲しい」
というわけで、ベルクロで付け外しできる小さなポーチを設置。
携帯電話、デジカメ、財布が入るだけの容量はあるので、
トライバッグに比べたら不便ですが、無いよりはいいです。
もう少し大きなモノにしてもいいかも。




にほんブログ村 自転車ブログへ

ブログランキングに参加してます。
「リンク」の管理をせねば、と随分前から思っていました。
これまで行き場のないブログでしたが、
行き場のあるブログへあらためようと思っております!

他のブログもたくさん読ませてもらってるのですが、
シャイな性格のせいか、なかなかコメントもままならず・・・。
少しずつではありますが、積極的にコメントしてみようかな、
なんて思ってみたりしてる今日この頃です。

よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ

ブログランキングに参加してます。
東京地方は雨が降ってます。
これでまた秋へと季節が進むのでしょうか。

さてさて、私は雨の日には自転車に乗ろうとしない自転車乗りです。
(敢えてこの記事でその理由には言及しませんが)
それでも雨天用のウェアを持ってはいるんです。
乗ってる最中に降られてしまう可能性はありますからね。

手元の資料によると、レインウェアの購入は昨年11月。
「備えあれば憂い無し」ということで買ったみたいです。
が・・・その後、出番のないまま時は流れ・・・。
先日の渋峠サイクリングが初使用でした。

2000mオーバーの峠で降られてしまい、
雨中のダウンヒル決行、というシチュエーション。
渋峠ホテルのロビーで焼きたてパンを食べながら待てど止まぬ雨。
「仕方ない」と覚悟を決めてレインウェアを着込みました。

そんな私の所持する雨具は「MONTANE」製品です。
薄手の生地で軽量かつコンパクトに携行できる点が気に入りました。
特に不快感を抱くようなこともなかったので着心地&使用感は問題ナシ。



左上から時計周りに
レインパンツ、レインジャケット、ベスト、ウィンドブレーカ、です。
(この画像では何が何やらですね^^;)
それぞれは簡単にこの程度の大きさになる(しかも軽い)ので
バッグはもちろん、ジャージのポケットにも入ります。
袋にはベルクロも付いているので何かに括り付けてもいいですね。

これからのシーズンは夏までの格好に
高機能アンダー、ベスト&ウォーマーで快適に走りたいと思ってます。
朝夕や曇りの日、ダウンヒルにはウィンドブレーカが重宝します。
不要になったら脱いで丸めてポケットにIN、これでOKですからね。

最後に一点。
MONTANEは英国のメーカーなので、
購入の際にサイズにはちょっと注意が必要かもしれません。
国内メーカーのMサイズを着用する私が買ったのはSサイズです。
(パンツは裾丈に余裕が欲しかったので敢えてLサイズをチョイス)
ウェア類は試着できるお店での購入が安心ですね。

私はこれらの製品を御徒町のOD BOX ANNEX店で試着して購入しました。
スタッフの皆さん、感じが良くてオススメのお店ですよ。

と、何だかMONTANEとOD BOXの宣伝っぽくなってしまった記事です(笑)
週に一度くらいは、と決めた後なので何とか記事を書いてみました。

にほんブログ村 自転車ブログへ

ブログランキングに参加してます。
<<< 前のページ 次のページ >>>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/01 マクサンス]
[08/30 hiroto]
[07/23 こたろう]
[07/22 らっきー]
[07/20 Karasawa]
プロフィール
HN:
eveningwaves/ゆうなみ
性別:
男性
自己紹介:
こんにちは、ゆうなみです。

長めなライドは月イチ程度。
更新もそんな感じです。

まったく乗れない今日この頃です。

遠くまで行くのが好きです。
ソロもグループランも好きです。
登りにめっぽうめちゃ弱いです。
平地はのんびり走ってます。

2011、行ってみたい所
・大弛峠
・奥武蔵グリーンライン
・伊豆大島

美味いものサイクリング、
温泉サイクリングに興味アリ。
お帰りは電車で(笑)

よろしくお願いします。
mail to ゆうなみ
サイクリングのお誘い、 ブログへのご意見ご要望はコチラまで
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.